ページの先頭です

THE WESTIN MIYAKO KYOTO

日付
ご宿泊日数
ご宿泊人数

宿泊予約センター 0120-333-001 【受付時間】平日9:00~22:00 / 土日祝日 9:00 ~ 20:00

レストラン予約

レストラン選択

075-771-7111 【受付時間】10:00~19:00

075-771-7111 【受付時間】10:00~19:00

075-771-7111 【受付時間】10:00~19:00

075-771-7111 【受付時間】10:00~19:00

075-771-7111 【受付時間】10:00~19:00

075-771-7111 【受付時間】10:00~19:00

075-344-0031 【受付時間】10:00~19:00

075-771-7111 【受付時間】10:00~19:00

  • TOP
  • 宿泊プラン
  • 客室
  • レストラン&バー
  • ウエディング
  • 宴会・会議・MICE
  • 施設案内
  • 観光情報
  • オンラインショップ

施設案内

施設案内

日本庭園

一覧を見る

文化財をホテルで楽しむ。

  • 京都市文化財(名勝)に登録されている小川治兵衛氏 及び 小川白楊氏作庭の庭園など数々の庭園がございます。

葵殿庭園

京都の庭師 七代目小川治兵衛による回遊式庭園

【京都市文化財(名勝)平成6年4月1日登録】
葵殿庭園は葵殿の南斜面にひろがり、三段の滝で構成された雄大な回遊式庭園です。

この庭は、日本の近代庭園の先覚者として有名な、京都の庭師・七代目小川治兵衛(通称植治・万延元年~昭和8年)によって、昭和8年に作庭されました。
池や流れを「沢飛び」で渡る手法、琵琶湖西岸から疎水船で運ばれてきた縞模様のはっきりした守山石の配置などに特徴が見られます。殊に、急斜面の自然地形を活かしてデザインされた「雲井の滝」と呼ばれる三段の滝は、小川治兵衛の作品の中でも傑作といわれています。葵殿の改築(平成4年10月竣工)にあたり復元整備されたが、当ホテルの長い歴史と豊かな文化・自然環境を表すシンボル的な存在です。

佳水園庭園「植治の庭」

7代目小川治兵衛(植治)の長男、白楊(はくよう)による自然の岩盤を主体とした庭園

【京都市文化財(名勝)平成6年4月1日登録】
近代造園の先覚者として知られる造園家、7代目小川治兵衛(植治)の長男 白楊により、大正14年(1925年)に作庭されました。特に石造物の扱いを得意とし、琵琶湖疎水の水を引き入れて見事な滝を創出しました。

佳水園「白砂の中庭」

建築家 村野藤吾デザインの中庭

昭和34年(1959年)、佳水園を設計した村野藤吾は、醍醐三宝院の庭を模して白砂敷きの中庭をデザインしました。。自然の岩盤を主体とした小川白楊による庭園をそのまま取り込み、緑で表現された瓢箪と杯は、岩盤から流れる滝の水をお酒に見立てています。

哲学の庭

彫刻家 井上武吉氏による「無」の境地へと誘う庭

世界的彫刻家・井上武吉氏による巨大な庭の樋(とい)の造形と、その先端から流れ落ちる東山の清冽な水の動き、周囲にひっそりとたたずむ樹木や池の静が微妙に重なり“哲学の径”をしめくくる「無」の世界をつくりだしている。

ウェスティン都ホテル京都

お問い合わせはこちらから

ウェスティン都ホテル京都

〒605-0052 京都市東山区粟田口華頂町1(三条けあげ)

チェックインタイム 15:00

チェックアウトタイム 11:00

Tel: 075-771-7111

Fax: 075-751-2490

ページの先頭へ戻る