利酒師 毛馬の日本酒だより

毛馬 克紀 プロフィール

57階レストラン「ZK」マネージャー
毛馬 克紀 (Katsunori Kema)

大阪市内のレストランやホテルなどで経験を積む。シニアソムリエを始め、ジュニア・バーテンダー、焼酎利酒師など様々な資格を持ちレストランサービスにおいて精通しているスキルを持つ。2014年に大阪マリオット都ホテル入社。2015年に日本酒 利酒師を取得。


取得資格:シニア ソムリエ / 草月流 師範 / 表千家 茶通箱 / ジュニア バーテンダー / 和食検定 実務レベル2級 / 国家検定資格 料飲サービス士 1級 / テーブルマナー講師 西洋料理 / 日本料理食卓作法講師 /調理師 / 焼酎利酒師 / J.S.A. SAKE DIPLOMA / 酒匠

2018/2/15号

大阪マリオット都ホテルは、3月7日で4周年を迎えます。
2月24日から4日間、蕎麦の名店「ろあん松田」とのコラボレーションメニューを提供いたします。
今回は、ろあん松田 店主の松田 慎之介氏推薦の蕎麦によく合う日本酒をご紹介します。

“超”王祿 ☆☆☆☆ 無濾過直汲
130ml 1,600円

最初の1本は、島根にある幻の酒蔵、王祿酒造のお酒です。すべての製品において炭素濾過を行わない無濾過、火入れをしない生酒のみを出荷する蔵。そんな生きている酒を造ることにこだわりを持つ王祿酒造は、特約店との契約にもこだわっていて、“王祿”のお酒を扱える店舗は、関西に現在4店しかないそうです。その実力は、松田氏も認める味わいです。
“☆☆☆☆ 無濾過直汲”は、お酒を搾った時の最初の部分約1割弱を速やかに瓶詰めし、低温熟成させた後に出荷される限定品です。「☆」の数が多いほど希少価値の高いお酒で、「☆五つ」が最高です。

香りは優しく広がるジューシーな和梨、和三盆などの上品な甘みが感じられます。柔らかく口に入り、最初にフルーティーな甘味、続いて心地の良い酸を感じ、スッと消える。そして軽い苦みを伴う旨味がじんわりと広がる、繊細で素晴らしいお酒です。

よく合うメニュー

“鴨汁そば”
(「ろあん松田×日本料理」
コラボメニューのディナーコースより食事)
“大海老の鬼瓦焼き 白子クリーム唐墨風味”
(和食コース「旬彩」
 2月のメニューより焼き物)
“白身魚のポワレ 菜の花のエチュベと
 レンコンのフライ添え ドライトマトと
 ケッパーのソース”
(洋食コース「Horizon」
2月のメニュー魚料理)
など

蔵元名

王祿酒造有限会社(島根県 松江市)

原料米

山田錦

精米歩合

60%

日本酒度

+9.1

酸度

2.2

貴 特別純米酒
130ml 1,300円

山口県宇部市にある1888年(明治21年)創業の永山本家酒造場は、秋吉台・秋芳洞カルスト大地を源流とするカルシウムなどのミネラルを含む「中硬水」の伏流水を使用した辛口スタイルの日本酒造りを行っています。米作りにもこだわり、蔵元自ら田んぼに入って米を植えて、米作りから酒造りまでの一貫作りを行っています。若き杜氏 永山 貴博氏が醸し出すこだわりの酒“貴”は永山本家酒造場が2001年に手掛けたブランドです。2003年には美食雑誌の「隠れた地方の名酒」で特別純米が見事一等賞に輝いており、今や押しも押されぬ、山口県を代表する銘柄に成長しています。

松田氏がおススメする、こちらのお酒は“貴”のスタンダードモデル。穏やかで、金柑の様な甘酸っぱい香り。スルスルと体に入っていくような、とても柔らかくなめらかな食中酒。程よい酸と甘味、旨味のバランスが取れたお酒です。一本でコースを通しても良いくらい、飲み飽きしないお酒です。

よく合うメニュー

“盛りそば”
(「ろあん松田×日本料理」
コラボメニューのランチ・ディナーコースより)
“東寺蒸し たら白子 炙り貝柱
梅麩 大黒しめじ 法蓮草”
(2月の「旬彩」
和食のコースより温物)
“オマール海老のラビオリ
セージのバターソース
アメリケーヌとペコリーノ風味”
(洋食コース「Specialite」
 2月のメニューよりパスタ料理)
など

蔵元名

株式会社永山本家酒造場(山口県 宇部市)

原料米

山田錦・八反錦

ZKでは、利酒師 毛馬がセレクトする“特選 日本酒飲み比べ 三種セット”(各60ml 2,200円)も
週替りでご用意しております。

バックナンバー