利酒師 毛馬の日本酒だより

毛馬 克紀 プロフィール

57階レストラン「ZK」マネージャー
毛馬 克紀 (Katsunori Kema)

大阪市内のレストランやホテルなどで経験を積む。シニアソムリエを始め、ジュニア・バーテンダー、焼酎利酒師など様々な資格を持ちレストランサービスにおいて精通しているスキルを持つ。2014年に大阪マリオット都ホテル入社。2015年に日本酒 利酒師を取得。


取得資格:シニア ソムリエ / 草月流 師範 / 表千家 茶通箱 / ジュニア バーテンダー / 和食検定 実務レベル2級 / 国家検定資格 料飲サービス士 1級 / テーブルマナー講師 西洋料理 / 日本料理食卓作法講師 /調理師 / 焼酎利酒師 / J.S.A. SAKE DIPLOMA / 酒匠

2018/4/15号

4月に入り暖かな日が続く季節になりました。そして新しいスタートを切る方も多い季節です。
今回は「新」をテーマにした日本酒をご紹介します。

笑四季 赤い糸 純米大吟醸 山田錦
130ml 1,700円

笑四季酒造は1892年創業。かつての東海道沿いに酒蔵があり、地元向けの普通酒を造る小さな蔵でした。しかし現在は、蔵の跡取り娘の旦那である竹島 充修氏を中心に、全量純米化し、甘口をコンセプトにした独創的なお酒を醸しています。こちらのお酒は今期の新シリーズ“赤い糸”。吟吹雪と越神楽の米違い3パターンがあり、飲み比べが楽しめます。

東京農大花酵母オシロイバナで醸された甘口でジューシーなお酒です。花酵母由来の華やかさと梨やパイナップル、キャンディーや花の香り。先ず、甘さが口中に広がり、程よい酸と、旨味も十分に感じられます。キレの後にも心地よい甘さが残り、印象としてはキレイなお酒です。魚の煮付けや、お肉料理にも合わせやすいです。

よく合うメニュー

“大海老の酒蒸し 敷き菜の花ソース
蛍烏賊 貝柱 鴨蒸しロース”
(和食コース「旬彩」
  4月のメニューより留め肴)
“炙り甘鯛とフォアグラの
 若茸蒸し木の芽餡かけ”
(和食コース「Ensemble」
  4月のメニューより煮物)
“黒毛和牛ロース肉のステーキ
 フォアグラ添え マルサラソース”
(洋食コース「Specialite」
  4月のメニューよりメインディッシュ)
など

蔵元名

笑四季酒造株式会社(滋賀県 甲賀市)

原料米

山田錦

精米歩合

50%

吾有事 純米吟醸 13
130ml 1,400円

“吾有事”は山形の奥羽自慢株式会社から売り出した新ブランドです。従来の代表銘柄“奥羽自慢”はスッキリ辛口タイプですが、新銘柄の“吾有事”は香りは控えめですが、甘味のなかに酸味があり、バランス良く、アルコール感が強すぎない、日本酒らしくないお酒を目指しています。そしてもう一つの特徴は、製造責任者には、同じ山形にある酒蔵「楯の川酒造」の製造部係長 阿部 龍弥氏を指名したことです。現在26歳の若手が造る新しい日本酒です。

香りは穏やか。スムーズで軽い飲み口。優しい甘みと米の旨味が十分に広がり、スーッと消える。バランスの良い酸味と、度数13度の低アルコールなので軽快に飲み進めれます。洋食のカルパッチョや白身の刺身などに合う日本酒です。ワイングラスで飲んでいただくのがおすすめです。

よく合うメニュー

“海の幸カルパッチョ仕立て
 春野菜の香りと共に
炙り貝柱 蛍烏賊 平政”
(和食コース「Ensemble」
  4月のメニューより留め肴)
“鯛平造り 平政重ね造り 鰹焼き霜造り
 あおり烏賊へぎ造り 助子桜花寄せ
 蛸桜煮 南京カステラ 蓬麩生ハム巻き
 蚕豆挟み揚げ 蛍烏賊柚子胡椒風味漬け”
(和食コース「星雲」
  4月のメニューより造り八寸)
“帆立と筍と分葱の発酵バター和え”
(洋食コース「Specialite」
  4月のコースより温前菜)
など

蔵元名

奥羽自慢株式会社
(山形県 鶴岡市)

原料米

出羽燦々

精米歩合

55%

日本酒度

-8

酸度

1.7

南方 超辛口純米
130ml 1,300円

紀州の偉人「博物学者 南方 熊楠」の父が明治17年に創業した酒蔵で、社名の「世界一統」は、南方 熊楠がお仕えした大隈 重信が名付け親になっています。そんな歴史の深い酒蔵が、創業者を称え、銘柄の冠にした新しいブランド“南方”です。こちらのお酒は全量山田錦で60%精米の超辛口純米酒です。

香りは非常に穏やかで、ソフトな飲み口。旨味の後に軽快な苦みが追いかけてきて、スーッと消える辛口の酒に仕上がっています。後から来る余韻と共に蘇ってくる心地よい苦味が、このお酒の旨さを物語っています。熱燗、ぬる燗でも美味しくいただけます。

よく合うメニュー

“筍と鯛の挟み揚げ
ホワイトアスパラガス黄身揚げ”
(和食コース「旬彩」
  4月のメニューより揚げ物)
“豚三枚肉の赤ワイン煮
 じゃが芋ピューレ添え”
(和食コース「絶景」
  3月のメニューより留め肴)
“ラルド(豚背脂の塩漬け)で覆った蛍烏賊
 蛍烏賊のペーストソースと山菜添え”
(洋食コース「Specialite」
  4月のメニューより温前菜)

など

蔵元名

株式会社世界一統(和歌山市 湊紺屋町)

原料米

山田錦

精米歩合

60%

日本酒度

+15

酸度

1.7

ZKでは、利酒師 毛馬がセレクトする“特選 日本酒飲み比べ 三種セット”(各60ml 2,200円)も
週替りでご用意しております。

バックナンバー