イベント・お知らせ

奈良の観光スポット

奈良は日本の歴史のはじまりの地であり、万葉集に「青丹吉 寧樂乃京師者 咲花乃 薫如 今盛有」(あをによし ならのみやこは さくはなの にほへるがごと いまさかりなり)と詠まれるほどの美しい地。
悠久の歴史・日本独自の文化の発祥地、奈良のおすすめスポットを、コンシェルジュがご案内いたします。


より大きな地図で 奈良エリア を表示

「奈良」の歴史を巡る

一度は訪れたい、奈良の名勝名跡、寺社・仏閣

1300年ほどの歴史がある奈良には、日本人の心のよりどころになった建物や場所がたくさんあります。
その中から一度は訪れ、見て、感じていただきたいスポットをご紹介いたします。

大仏で知られる奈良時代の代表的な寺院

大仏で知られる奈良時代の代表的な寺院で、大仏殿は世界最大級の木造建築物です。世界遺産にも登録されており、多くの国宝や一般に「お水取り」と呼ばれている「修二会」や「大仏さまの秋祭り」などの行事も有名です。

住所

奈良市雑司町406-1

拝観時間

11月~2月:8時~16時半 3月:8時~17時 4月~9月:7時半~17時半 10月:7時半~17時

入堂料

大仏殿、法華堂(三月堂)、戒壇堂
大人:500円、子供300円

  • 文化財保護のため、修復や調査が実施されます。詳細はホームページなどでご確認ください。

幻想的な美しさの“万燈籠”

境内には朱塗りのあでやかな社殿が建ち、古来より藤の名所としても有名です。また、境内には国宝を多数展示している春日大社宝物殿や、万葉集に登場する草花約300種が植えられている春日大社萬葉植物園があり、毎年節分とお盆に行われる万燈籠は、燈籠に灯る火が朱色の回廊をやさしく照らし、幽玄で幻想的な美しさをかもし出しています。

住所

奈良市春日野町160

開門時間

本社参拝
6:00~18:00(10月~3月6:30~17:00)
宝物殿
9:00~16:30
萬葉植物園
9:00~16:30(12月~2月9:00~16:00)

拝観料

本殿前特別参拝:500円

  • 宝物殿・萬葉植物園の休館日についてはホームぺージでご確認ください。

白鳳様式と言われる独特な伽藍

東塔 ・東院堂 ・薬師如来及両脇侍像 など国宝も多く、法相宗[ほっそうしゅう]」の大本山。平成10年よりユネスコ世界遺産に登録されています。国宝の薬師寺東塔は、各層に裳階[もこし]と言われる小さい屋根があるため一見六重に見えますが、実は三重の塔で、この大小の屋根の重なりが律動的な美しさをかもし出し、「凍れる音楽」という愛称で親しまれています。
※注意  東塔は平成30年度まで解体修理中です。

住所

奈良市西ノ京町457

拝観時間

午前8時半(開門)~午後5時(閉門)
但し入山申込受付は午後4時半まで
時期により拝観が可能な場所、拝観料が変るためホームページなどでご確認ください。

唐僧鑑真和上によって建立

唐招提寺は、南都六宗の一つである律宗の総本山であり、小説や映画の『天平の甍』で広く知られるようになった鑑真和上が晩年を過ごした寺です。

住所

奈良市五条町13-46

拝観時間

8:30~17:00(受付は16:30まで

拝観料

大人・大学生:600円
高校生・中学生:400円
小学生:200円

「奈良」の文化芸術を鑑賞する

日本文化、仏教文化の真髄に迫る

仏教伝来以来の仏教美術や日本・東洋美術を展示する奈良国立博物館をはじめ、日本画・写真などの美館や博物館が数多くあります。日本文化のはじまりの地で鑑賞する美の世界。古来からの美しさ、繊細さが癒しの世界へと導きます。

仏教彫刻、仏教絵画など
仏教美術の名品を多数展示

秋の正倉院展が有名です。仏教彫刻、仏教絵画など仏教美術が多数展示されており、特別展や特別陳列など見ごたえある展示が開催されます。

住所

奈良市登大路町50番地

  • 開館時間、休館日、展示内容、料金などはホームページにてご確認ください。

松林に囲まれた静かな環境のなかで、
東洋美術を心ゆくまで楽しめます

周りを囲む文華苑の四季折々の草花に眼を休め、新鮮な空気を吸い、また展示場でゆっくりと作品に向き合う…、そんな楽しみ方ができるのが特徴です。吉田五十八氏設計の大和文華館では他の美術館では出会えない、自然の色や音と調和した、東洋美術の新たな表情に出会うことができます。

住所

奈良市学園南1-11-6

開館時間

10:00~17:00(入館は16:00まで)

  • 休館日・展示内容・料金などはホームページでご確認ください。

日本画家上村松園・松篁・淳之三代にわたる作品を展示

松伯美術館は、1994年3月に開館。上村松園・松篁・淳之三代にわたる作品等、美術資料の収集と保管、展示されています。また、広く日本画の普及、若手作家の育成を図るため、特別展、公募展等を開催されています。

住所

奈良市登美ヶ丘2丁目1番4号

開館時間

10時~17時(入館は16時まで)

  • 休館日・展示内容・料金につきましてはホームページでご確認ください。

「奈良」のまちを楽しむ散策

ゆったりとした時間の中で、その時、その場所を満喫

四季それぞれに違う表情を魅せる花々や木々、時間により違う表情を見せる街並み。情緒あふれる奈良の散策スポットをご紹介いたします。

奈良公園

世界遺産の宝庫

国宝・世界遺産が点在する奈良公園
東大寺の大仏や鹿は奈良の代名詞にもなっています。
東大寺修二会や春日大社万灯篭、なら燈花会、正倉院展、春日若宮おん祭など古都ならではの見ごたえのある行事や展示会も数多く、公園内各所で四季折々に彩り鮮やかに咲き誇る花々が目を楽しませてくれます。

ならまち

情緒あふれる”まちなみ”

世界遺産である興福寺のそば、猿沢池から南側に広がる通りの両側には、江戸時代、明治時代の面影を残す町家がずらりと並びます。
ならまちには、「今西家書院」、藤岡家住宅(重要文化財)など歴史的建物や町の風情を楽しむだけでなく、「時の資料館」「ならオリエント館」「なら工藝館」などの町家を使った資料館や、雑貨屋や居酒屋があります。
こんな見所があちらこちらに点在するならまちの散策は、時間を忘れるほどの楽しさです。

写真提供:奈良市観光協会、矢野建彦、原田茂行