6月1日~「ムスリムフレンドリー」メニューのご提供を開始します

今回、シェラトン都ホテル大阪では、さらに進んだムスリムのお客様向けサービスとなる「ムスリムフレンドリー」メニューの提供開始に当たり、京都ハラール評議会所管の「ムスリムフレンドリー」のメニュー認証を取得いたしました。 同評議会から大阪のホテルへの認証発行、ならびにブッフェスタイルへの認証発行は今回が初となります。

提供開始日

2014年6月1日(日)

提供店舗

2F レストラン&ラウンジ「eu(ゆう)」
6:30~10:00

内容

①パパド
②ライスフレーク
③ひよこ豆とハラール鶏ミンチのカレー風味
④ハラール鶏胸肉の蒸し煮 ケチャップマニス添え
⑤クスクス

ご利用料金

朝食ブッフェ
お1人様¥2,700
お子様(4歳~12歳)¥1,300

認証機関

京都ハラール評議会

  • ムスリムフレンドリーとは
    メニュー認証:ムスリム向けのメニューがハラールであることを認証する呼称です。
    具体的には
    ・店舗全体の認証ではなく、メニュー毎に京都ハラール評議会の審査を経て「ハラールメニュー」として認証を受けます。
    ・ムスリムのお客様向けの「ハラールメニュー」は豚肉・豚肉由来製品およびアルコールを含む調味料は使用せず、豚肉以外の肉はハラール認証を受けたものを使用します。
    ・「ハラールメニュー」以外の料理、飲料及び酒類は、一般利用のお客様向けに提供します。
    ・一般利用のお客様向けと「ハラールメニュー」では、調理プロセスを厳格に分けます。
    ・ハラールとそれ以外のノンハラール食材が混在する場所では、保存、管理、調理過程の査察を受け、ハラール食材とノンハラール食材が接触、混入しないよう、調理場所、調理器具、食器、什器類を分離します。

都ホテルズ&リゾーツでは、全ブッフェレストランで、メニューの多言語表記に加え、使用食材を図案化したピクトグラム表示を採用しております。加えて2014年1月からは、国内18ホテルでマッカ(メッカ)の方向を示すキブラコンパスやお祈りマットの貸出など、“おもてなし”の一環として、ムスリムのお客様向けサービスの拡充を図っております。
また、今回の「ムスリムフレンドリー」メニューの提供については、都ホテルズ&リゾ-ツ他ホテルへの展開も視野に入れ、体制づくりに取り組んでまいります。