季節のお菓子「おついたち」

三重、里山の恵み「おついたち」
総料理長 樋口宏江 監修 季節のお菓子

毎月第一日曜販売【予約制・数量限定・店頭受け取り限定商品】

伊勢志摩には、「朔日参り(ついたちまいり)」という風習があります。
それは、伊勢神宮へ月の初めにお参りし、ひと月無事に過ごせたことを感謝し、新しい月の無事をお祈りすること。
季節や自然の恵みに感謝の気持ちを込め「おついたち」と名付けた、毎月第一日曜日だけ販売する季節のお菓子をお愉しみください。

販売料金

¥3,500~¥4,500

〈6月6日(日)販売〉鳥羽産トマトのミルクレープ

鳥羽産のトマトの甘味と酸味のバランスが軽やかな美味しさの「トマトのミルクレープ」。クレープ生地とトマトのジャム、マスカルポーネクリームの繊細な層の重なりが口のなかでほどけます。

販売日

2021年6月6日(日)

販売価格

¥3,500

サイズ

5号

消費期限

当日中(お早めにお召し上がりください。)

特定原材料

乳・小麦・卵

ご案内

はちみつを使用しているため、1歳未満のお子様には与えないでください。

〈7月4日(日)販売〉南張メロンのバスケット

フレッシュなメロンの果実と果汁を閉じ込めたジュレで、メロンの美味しさをたっぷりと。パンナコッタの優しい甘さ、クレームブリュレの風味が南張メロンの魅力を引き立てます。

販売日

2021年7月4日(日)

販売価格

¥4,500

サイズ

直径約14cm×高さ約13cm

消費期限

当日中(お早めにお召し上がりください。)

特定原材料

乳・卵

季節のテーマ素材

2021年4月4日(日)

南伊勢産柑橘 ¥3,500 ※販売終了しました

2021年5月2日(日)

伊勢茶 ¥3,500 ※販売終了しました

2021年6月6日(日)

トマト ¥3,500

2021年7月4日(日)

南張メロン ¥4,500

2021年8月1日(日)

いちじく ¥3,500

2021年9月5日(日)

ぶどう ¥4,500

2021年10月3日(日)

栗 ¥3,500

2021年11月7日(日)

蓮台寺柿 ¥3,500

2021年12月5日(日)

ブランデーケーキ ¥4,500

2022年1月2日(日)

三重の日本酒 ¥3,500

2022年2月6日(日)

レッドパール苺 ¥4,500

2022年3月6日(日)

南伊勢産レモン ¥3,500

購入方法

【予約販売】販売数に達し次第受付を終了いたします。

ザ クラシック ショップの店頭または、お電話にてご予約承ります。

販売場所

ザ クラシック ショップ(1階)

販売時間

11:00~18:00

  • お持ち帰り限定商品。
  • 料金には消費税が含まれております。
  • 特別商品につき各種優待割引等の対象外となります。
  • 仕入れ状況により素材や販売日が変更になる場合があります。

監修 総料理長 樋口宏江

1991年志摩観光ホテル入社。
2008年フレンチレストラン「ラ・メール」シェフに就任。
2014年志摩観光ホテル「クラシック」「ベイスイート」両館を統括する総料理長に就任。
2016年「G7伊勢志摩サミット2016」ワーキング・ディナーを担当
2017年農林水産省料理人顕彰制度「料理マスターズ」にて女性初三重県初の「ブロンズ賞」を受賞。
伝統の「海の幸フランス料理」を守りつつ三重県の豊かな素材を主役にした料理を提供。

志摩観光ホテルの「食」の取り組みについて

伊勢志摩ガストロノミー

食材と文化について考察することを「ガストロノミー」(美食学)と呼びます。
古くから「御食つ国(みけつくに)」として朝廷へ食物を納めてきた伊勢志摩は、地域独自のルールを作り、資源を守り続けてきました。40年以上も前に伊勢志摩の食材を中心に生み出された志摩観光ホテルの「海の幸フランス料理」も、「ガストロノミー」の考えそのものであり、その精神は今でもホテルの伝統として守られています。
料理を通して地方食材の魅力を伝え、資源を守り支える取り組みを、志摩観光ホテルでは「伊勢志摩ガストロノミー」と呼び、これからも積極的に三重県、伊勢志摩地方の食の豊かさを伝えていきたいと考えています。

お問い合わせ

ブティックに関するお問い合わせ資料請求はお電話、インターネットにて受け付けております。

お電話から

ショップ&ブティック

Fax:0599-43-1436

インターネットから