「大阪を食する “夏” 大阪食材の饗宴」を開催します。

「大阪を食する “夏” 大阪食材の饗宴」

~「関西の食材の魅力再発見!」シリーズ 第1弾~

第1回目のテーマは「大阪を食する “夏” 」。
ギネス糖度記録を持つ「包近(かねちか)の桃」、淀川の「天然うなぎ」をはじめ、夏が旬の大阪産の食材を使用した和洋折衷料理をご用意いたします。ぜひこの機会にご賞味ください。その他にも講師を招き、大阪産食材をテーマにしたお話をお聞きいただきます。

日時

◆2019年6月22日(土)12:00~14:00(受付11:30)

会場

5階 当麻の間

料金

お1人様 10,000円(お料理・アルコール含むお飲物・税金・サービス料を含む)

予約開始

2019年5月1日(水・祝) から
・ご来館 1階ご宴会承りコーナー (受付時間 10:00~17:00)
・お電話 宴会予約係直通 0120-008-385 (受付時間 9:00~19:00)

メニュー

和洋折衷コース料理(メニューは決まり次第、公開予定)

大阪産食材(予定)

◆淀川天然うなぎ
  昔ながらの漁法で漁獲量を抑えながら資源を確保している。
  淀川産の天然うなぎは身が厚くうま味が強いと言われている。
◆泉州黄玉葱
  なにわの伝統野菜 肉質はやわらかく、甘味が強いことが特徴。
◆馬場茄子
  皮が非常に薄く水分を多く含むため、傷がつきやすく
  市場にはあまり出回ることがないため「まぼろしの水ナス」
  と呼ばれています。生食もできフルーティーな甘みが特徴。
◆包近(かねちか)の桃
  桃の糖度のギネス記録を持つ包近の桃。すっきりとした甘さが特徴。
◆その他
  大阪産トビアラ、大阪産シジミ、大阪産スズキ、能勢黒若牛、
  高槻三箇牧(さんがまき)トマト、八尾枝豆、
  大阪ワイン(料理にはもちろんお飲物としてもご用意いたします。)

大阪産食材についてのお話

・浪速魚菜の会 代表理事 笹井 良隆様
・天王寺蕪の会・難波葱の会 事務局長 難波りんご様

  • 未就学のお子様はご入場いただけません。
  • 食材は天候等により収穫時期が変動するため、変更する場合があります。
  • 内容は、予告なく変更する場合がございます。
  • 食物アレルギーをお持ちのお客様は、ご予約の際お申し付けください。
  • 当ホテルでは、お帰りにお車を運転されるお客様への種類の提供はお断りしております。
  • 協力 浪速魚菜の会、天王寺蕪の会、難波葱の会

お問い合わせ

イベントに関するお問い合わせはお電話、お問い合わせフォームにて受け付けております。

お電話でのお問い合わせ

イベント

インターネットでのお問い合わせ