【最大収容人数 270名様】
雅な雰囲気に満ちあふれた会場

京都三大祭を描いたステンドグラス、窓の外にひろがる東山の自然や京都市文化財登録の美しい回遊式庭園。これまで国賓・公賓の晩餐食にも使用されてきた、国際交流の舞台にふさわしい伝統の宴会場です。

場所

東館4F

宴会場面積収容人員
会場名平方メートル(m²)坪数間口(幅)奥行天井高正餐立食スクールシアター
葵殿343㎡ 104坪 16.5m 20.8m 5.8m 170名 250名 160名 270名

会場間取図

170名様までの着席のお食事が可能です。古都・東山を一望する景色と、京都市文化財(名勝)登録の回遊式日本庭園が両側の窓から臨めます。折上格天井、アンティークのシャンデリアなど和の魅力とモダンなテイストが融合した会場。 多くのVIPの方々が交流をしてきました。

京都市文化財(名勝)登録の【葵殿庭園】

葵殿・稔りの間に面した回遊式庭園葵殿庭園。葵殿の南斜面にひろがり、三段の滝で構成された雄大な回遊式庭園です。平成6年に京都市文化財(名勝)に登録されました。この庭は、日本の近代庭園の先覚者として有名な、京都の庭師・七代目小川治兵衛(通称植治・万延元年~昭和8年)によって、昭和8年に作庭されました。
池や流れを「沢飛び」で渡る手法、琵琶湖西岸から疎水船で運ばれてきた縞模様のはっきりした守山石の配置などに特徴が見られます。殊に、急斜面の自然地形を活かしてデザインされた「雲井の滝」と呼ばれる三段の滝は、小川治兵衛の作品の中でも傑作といわれています。葵殿の改築(平成4年10月竣工)にあたり復元整備されたが、当ホテルの長い歴史と豊かな文化・自然環境を表すシンボル的な存在です。

古都・東山の山並みの景観を楽しむ

会場の窓からは東山の豊かな自然と京都の街並みを一望することができます。ゲストと美しい景色を眺めながら記念写真撮影などをお楽しみください。

会場を彩る京都の三大祭を描いたステンドグラス

三方の欄間にはめ込まれたステンドグラスは、当時第一人者といわれた、木内真太郎氏の作で、京都の三大祭、葵祭、祇園祭、時代祭の各行列を絵巻風にデザインしたものです。このうち、祇園祭の部分は1938年(昭和13年)に正面の舞台を設置した際に取り外されましたが、1991年(平成4年)の全館リニューアルの際、大正の往時のまま半世紀ぶりに宴会場西側に復元いたしました。

ホテル紹介

ホテルを動画でご紹介。
お食事会や会議、展示会などのイベントやパーティなど、
あらゆるニーズにお応えします。

360°バーチャルツアー

臨場感あふれるパノラマ写真で会場をご覧いただけます。

お見積もり・お申し込み・お問い合わせ

宴会・会議・MICEに関するお問い合わせはお電話、お問い合わせフォームにて受け付けております。

お電話でのお問い合わせ

宴会・会議・MICE

Fax:075-752-4087

受付時間: 9:30~19:00

インターネットでのお問い合わせ

宴会場一覧