A New Chapter in Hospitality

ウェスティン都ホテル京都は2020年に創業130年の節目を迎えるにあたり、京都を代表する高級ラグジュアリーホテルへの大規模リニューアルを実施しています。

The Westin Miyako Kyoto is delighted to announce its renovation on a large scale to be reborn as a high-class luxury hotel representing Kyoto before reaching the milestone of its 130th anniversary in 2020.

2019年冬 リニューアルオープン
Renewal open in the winter of 2019

レストラン / Restaurant

フレンチレストラン「Dominique Bouchet Kyoto(ドミニク・ブシェ キョート)」誕生
French restaurant “Dominique Bouchet Kyoto” will be open in Dec, 2019.

「ドミニク・ブシェ キョート」店内イメージ
The interior image of “Dominique Bouchet Kyoto

鉄板焼もご用意しております
We also offer Teppanyaki Restaurant

ライブキッチンを備えたオールデイダイニングオープン
We will open All-Day Dining with a live kitchen.

店内イメージ
The interior image

ライブキッチンイメージ
The interior image of live kitchen

「ティーラウンジ」「バー」新規開業予定
Announcement of the new opening of“Tea Lounge”and“Bar”

ティーラウンジイメージ
The interior image of “Tea Lounge”

バーイメージ
The interior image of “Bar”

客室 / Guest Room

リビングルームとベッドルームを独立させ、広々としたお部屋へ
Renewed room is spacious and calm that has a living room and a bedroom separately.

リビングルーム / Livingroom

ベッドルーム / Bedroom

メインロビー / Main Lobby

メインロビー イメージ
The interior image of “Main Lobby”

グループチェックインコーナー イメージ
The interior image of “Group check-in corner”

ウェスティン クラブ / Westin Club

ウェスティン クラブイメージ
The interior image of “Westin Club”

ウェスティン クラブイメージ
The interior image of “Westin Club”

2020年春 グランドオープン
Grand open in the spring of 2020

スパ

ホテル敷地内において掘削する温泉を利用した、スパ施設を新たに設けます。
総面積約1,000㎡のゆったりとした空間に、水路閣をイメージしたデザインをあしらった,華頂山に続く庭園と一体となる半露天風呂を配するなど、日本の温泉文化を感じていただけます。

A new spa facility will be introduced by utilizing a hot spring dug on the hotel property.
In a spacious area of approximately 1,000m2 in total, a new design using the image of Suirokaku will be adopted and a semi open-air spa will also be arranged to be integrated with the garden leading to Mt. Kacho, ensuring that guests can indulge themselves into Japan’s hot spring culture.

スパイメージ
The interior image of“Spa”

レセプションイメージ
The interior image of“Reception”

佳水園

リニューアルでは、村野藤吾氏の設計による高低差のある地形を生かした美しくリズミカルな外観や,パブリックスペースを承継しつつ、2室を1室にするなど客室面積を大幅に拡大し、ベッドルームを設けることなどによって居住性の向上を図るとともに、各浴室に温泉を引き込むことで、京都にふさわしい上質な和のおもてなしをご提供します。

In the redesign work, the beautiful and rhythmical appearance using the natural landscape with the resulting height differences, as well as the public space, which is designed by Togo Murano, will be maintained. At the same time, the guest room area would be significantly enlarged by combining two rooms into one, and the hotel is providing Japanese bedrooms to promote improvement of habitability. The hotel will also offer high level Japanese hospitality appropriate for Kyoto by tapping hot spring water for each bathroom.

佳水園客室イメージ
The interior image of a guest room in “Kasui-en"