稔りの間

【最大収容人数 120名様】
京都市文化財(名勝)登録の日本庭園に面した宴会場

高さ6メートルの大窓から臨む京都市文化財(名勝)登録の葵殿庭園からは四季折々の都の風情をお楽しみいただけます。選び抜かれた室内装飾はいっそうの気品を生み出しています。
【場所】東館4F
【最大収容人数】
正餐60名/立食100名/スクール70名/シアター120名

宴会場面積収容人員
会場名平方メートル(m²)坪数間口(幅)奥行天井高正餐立食スクールシアター
稔りの間150㎡ 46坪 14.3m 10.5m 6.0m 60名 100名 70名 120名

宴会場間取図

京都市文化財(名勝)登録の【葵殿庭園】

葵殿・稔りの間に面した回遊式庭園葵殿庭園。
葵殿の南斜面にひろがり、三段の滝で構成された雄大な回遊式庭園です。平成6年に京都市文化財(名勝)に登録されました。この庭は、日本の近代庭園の先覚者として有名な、京都の庭師・七代目小川治兵衛(通称植治・万延元年~昭和8年)によって、昭和8年に作庭されました。
池や流れを「沢飛び」で渡る手法、琵琶湖西岸から疎水船で運ばれてきた縞模様のはっきりした守山石の配置などに特徴が見られます。殊に、急斜面の自然地形を活かしてデザインされた「雲井の滝」と呼ばれる三段の滝は、小川治兵衛の作品の中でも傑作といわれています。葵殿の改築(平成4年10月竣工)にあたり復元整備されたが、当ホテルの長い歴史と豊かな文化・自然環境を表すシンボル的な存在です。

選び抜かれた室内装飾

建築家・村野藤吾氏の設計により建てられた「稔りの間」には、建設当時壁面に山鹿清華画伯の「豊穣」が描かれており、天井には村野氏デザインのペンダントライトが吊るされ、豪奢な雰囲気を漂わせていました。 1992年の改装の際は、このペンダントライトはそのままに、壁面は「豊穣」への想いを受け継いだデザインが施された織物クロスが使用されました。2014年にはリニューアルオープンし、これまでの想いを受け継ぎ、1992年改装当時の「稔りの間」を復元いたしました。

イメージギャラリー

お見積もり・お申し込み・お問い合わせ

宴会・会議・MICEに関するお問い合わせはお電話、お問い合わせフォームにて受け付けております。

お電話でのお問い合わせ

宴会・会議・MICE

Fax:075-752-4087

受付時間: 10:00~18:00

インターネットでのお問い合わせ

宴会場一覧