このWEBサイトは都ホテルズ&リゾーツによって運営されています。

佳水園庭園

7代目小川治兵衛の長男、白楊(はくよう)による自然の岩盤を主体とした庭園

【京都市文化財(名勝)平成6年4月1日登録】 近代造園の先覚者として知られる造園家、7代目小川治兵衛の長男 白楊により、大正14年(1925年)に作庭されました。特に石造物の扱いを得意とし、琵琶湖疏水の水を引き入れて見事な滝を創出しました。

紅葉の様子

紅葉の様子

正面玄関

正面玄関

白砂の庭夕景

白砂の庭夕景

佳水園庭園滝

佳水園庭園滝

佳水園「白砂の中庭」

建築家 村野藤吾デザインの中庭

昭和34年(1959年)、佳水園を設計した村野藤吾は、醍醐寺三宝院の庭を模して白砂敷きの中庭をデザインしました。自然の岩盤を主体とした小川白楊による庭園をそのまま取り込み、緑で表現された瓢箪と杯は、岩盤から流れる滝の水をお酒に見立てています。

施設紹介一覧に戻る

フッターイメージ

ウェスティン都ホテル京都

使ってうれしい、
プラスがいっぱい!

都プラス
ご入会はこちら

都プラスご入会はこちら