伊勢一刀彫つくり

<みえの伝統工芸体験>一刀彫で縁起物の置物を作ります。

伊勢一刀彫とは、古くより神宮ご造営に従事する宮大工が余技として端材を用いた縁起物などを刻んだことが始まりといわれています。刻みがそのまま仕上がり面になるような荒削りで大胆な造形が特徴です。縁起物の置物を作ります。

ご宿泊のお客様限定とさせていただきます。

〈 開催日 〉

アクティビティカレンダー参照

〈 時間 〉

【午前の部】10:00~12:00
【午後の部】14:00~17:00

〈 会場 〉

ザ クラブ 2F

〈 定員 〉

各回先着5名様

〈 申し込み 〉

要予約(フロント受付)
※空きがあれば当日参加可能。

〈 参加費 〉

1個 ¥1,500 (税込)

〈 一刀彫師〉

太田結衣(常若)

〈 常若 〉

三重県を中心に活動をしている伝統工芸を担う若手職人のグループ。それぞれが持つ技術を交換したり、同世代で悩みを共有したりと、交流を目的とするだけでなく、多くの人に伝統工芸を知ってもらうきっかけになる活動ができればと2012年発足。多くの人に伝統工芸って、職人って素敵だよと伝えることで、失われつつある伝統工芸に一人でも多くの担い手が現れれば。伝統工芸の魅力を知っていただくことで、伝統工芸を使ってくれる人が増えたらという思いを原点に活動しています。

ご案内
  • 小刀を使うため、小学5年生以上とさせていただきます。小学生は保護者同伴でご参加ください。
  • 所要時間約60分~90分。途中からもご参加いただけます。
  • ご宿泊のお客様限定とさせていただきます。